Computex 2022で注目されるメタバースとESG

メタバース

メタバース:台北でComputex 2022が開幕し、台湾対外貿易発展協会の会長であるJames Huang氏が登壇し、これまでのグローバル調達が地域調達にシフトしている現在、サプライチェーンはかつてないほどの困難な局面に直面していると語る。 

メタバースなど新しい テクノロジーが加わっている。従来より台湾は半導体、ディスプレイ、コンピューティングなど、ICT産業において強みを持つ。彭氏は、さらに多くのチャンスが開けると見ているようだ。 

ゲーム、エンターテイメント、リモートワークは、今やポスト・パンデミック生活の一部となっている。 メタバース関連のデジタル・コマーシャル・アプリは、主に宇宙、仮想通貨、NFTに焦点が当てられている。 

時間や空間の壁を取り払った企業は、より効率的に事業を展開することができるようになる。 2023年のeucbamトライアルに向け、環境・社会問題への関心が高まるテック業界では、様々な取り組みが行われている。ギガバイト・テクノロジーは、Computexで液体・液浸クーラーを出す予定だ。  

クーラーは熱による環境負荷を低減する。現在、ネットゼロエミッション計画を打ち出す技術系企業が増えている。すでに400以上のメーカーが物理的な展示会に参加している。Taitraは、企業がオンラインで企業にアプローチできる、いわゆるB2Bプロジェクト、デジタルGOプログラムを開始した。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja