メタバースなら「不老不死」になれるかも「ライブ・フォーエバー」新登場

メタバース

イモータル・ メタバース:5年ほど前、アルトゥール・シチョフの父親は癌と診断された。残された時間は限られている。祖父の死後、子どもたちと話ができたらどうだろう。 

ソムニアムスペースのライブフォーレバーモードでは、自分の会話と行動を保存し、死んだ後もアバターで再生することができる。死後、子供たちはデータにアクセスできる。 

こういう機会があれば、シチョフとしてメタバースにお金をかけた甲斐があったことになる。宇宙で使われている同じ顔の動きや話し方は、SFでも再現可能だろう。このデータにAIを用い、自分の アバター を作ることも可能になる。 

ソムニアムスペースは今年、ユーザーの動きや音を、パーセルにまとめる予定だ。ボブ・グリーン:メタバースにおけるフェイスブック支配は危うい。メタのように他人のデータを広告主に売ってはいけないと話す。 

グリーンは、名前がたいして重要でないように、データもたいして重要ではないと言う。シチョフは、より倫理的に、クライアントが分析目的で無限のデータを扱えるようにする。同社は、より低価格で使えるように、オムニアムスペースのアーリーアダプターには先行者利益として年間50ドルを与えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja