アヌラーグ・タックル、2022年カンヌでA.R.ラーマン監督のVR映画「Le Musk」を体感

メタバース

ラーマンのル・ムスクが鎮座しています。 VR カンヌXR(メタバースプロジェクト)でpositronが制作した椅子。 ナオミ・キャンベルが手がけた、近未来都市ロンドンを舞台にした次世代型映画。

2度のグラミー賞の受賞経験を持つリッキー・ケジュと、著名な作詞家であり市民ボードチーフであるプラズーンが大臣に同行した。ル・ミュスクは、この没入型デジタル環境を技術的に最高傑作と評している。

未来志向のIT エコシステムにおいて、インドは世界のコンテンツハブとなるだろう。私たちは、現在映画のスポットライトに関わりながら、コラボをする準備は整っている。これから、世界中で共同プロダクションやその他コラボ企画が加速されて行くだろう。 

今や世界最大となったインド映画産業で、30億人のインド人が年間2,000本の映画を輩出している。異なる文化的背景を持つ俳優や映画製作者が集まる、イギリスのレッドカーペットが好きだと語っている。また、カンヌ2022日記第1日目、「Deepika Sabyasachi」の登場シーンも見逃せない。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja