ゲッティイ・メージズ、キャンディと共同でNFTマーケットプレイスを立ち上げ

NFT

ゲッティ イメージズは、NFTコレクションとニッチなフォトグラフィー・コレクションを発表した。アーカイブには4億6500万枚以上の画像が用意され、そのうちの1億3500万枚がアナログ画像。その多くはまだ一般公開されていない。 

Candy digitalは、ゲッティ イメージズの豊富な画像ポートフォリオを活用し、さまざまなNFTの商品とコレクションを制作していく予定です。NFTは、ゲッティ イメージズより環境に優しいパームブロックチェーン上で鋳造されます。 イーサリアム のメインネットでよりも、環境に優しいパームブロックチェーン上でミントされるようだ。 

コレクションは今後数ヶ月の間にリリースされる予定になっている。パームブロックチェーンはサイズ変更が可能であり、「uniswap」や「metamask」と互換性もある。デジタル・コレクティブルはゲッティイメージズ・マーケットプレイスで入手できるようになる。 

以前キャンディはメジャーリーグ、レースチーム提携、WWEなどの NFTマーケットプレイス メジャーリーグ、レーシングチームとの提携、WWEなど、さまざまな分野で活躍しています。デジタルで急成長している同社のコレクター層は、同社と写真業界の双方にとって大きなビジネスチャンスとなっています。  

キャンディ・デジタルのCEOであるScott lawinは、このパートナーシップにも期待していると述べています。このパートナーシップにより、過去2世紀にわたる象徴的で希少な写真が、新しいデジタルフォーマットで人々に体験され、収集されるようになります。 このパートナーシップは、前世紀の写真に命を吹き込むための幅広い取り組みの一部です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja