現代美術をメタバースへ。村上隆のポピー・トリップ

メタバース

村上隆の作品を再解釈した花のNFTプロジェクトが、ニューヨークで開催される。 メタバース・アーティストのためのショーだ。 今週から、ニューヨークのガゴシアン・ギャラリーで「an arrow through history」展が開催される。 

村上:私はいつも現代美術のことを考えているので、Snapchatやarで、本物のアートの中を泳ぐデジタルフィッシュを楽しみながら展示室内をナビゲートするようなことに携わりたいと思っているのですが、いかがでしょうか。 

日本のアーティストは、拡張現実ヘッドセットでメタバースを探検する。彼の世界は没入感があり、カメラを使って見ることができる。彼は、ヨーロッパ大陸の別の側面を世界に示したいようだ。 

村上氏は新型コロナが感染拡大し、家にこもらなくてはならなかった。家の中で現実を見ていたところ、子供たちは VRを気に入った。運動するのは大変だったが、子どもたちは喜んでくれたという。 

ロサンゼルスのブロード現代美術館で特別展を開催します。村上隆の初個展となる。 次の世代の子供たちとより良い関係を築きたいと言っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja