続けて楽しめる "Play-to-earn"モデルが、ゲームファイの衰退を占う

GameFi

2021年、世界はゲームファイが「decentraland」サンドボックス 無限の可能性を見出した。それは、まったく新しいレベルのゲームプレイだ。ブロックチェーンにより実際のオブジェクト所有ができる。しかしまだ多くのユーザーは現段階において、ゲームファイがマーケティングの吐出した戦略であることに半信半疑である。 

Deraceplayは、楽しみながら稼ぐ競馬ゲームであり、ネイティブトークンを使ったレイヤー2ソリューションという未来型ゲームファイでもある。Create2earnではゲームの中でNFTを作成できる。  

Engage-2-earnは、エコシステムに参加してNFTを獲得できる。開発サイドとしては、各ユーザー毎の需要に応えるゲーム作りに取り組む姿勢のようだ。完全公開の2022年10月までは、プリローンチとしての報酬を受け取れる。 

デレースのコア修正、エンゲージ-2-アーンのメカ、ゲームプレイの拡張レースv2がレイヤー2の土台となり、ゲームを新たなレベルへ拡げている。 

ユーザーは第一世代の馬を繁殖させるのに自分用NFTを作成でき、 ブロックチェーン に裏付けされたNFTホースをコントロールして楽しめる。今後数ヶ月の間に、続々と新機能が期待できそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja