ヴォイス・X・ウォマン・ライズ、女性を支援するレジデンスプログラムを開始

NFT

レジデンスプログラム「Voice NFT」が帰ってきた。 このプログラムでは、代表的でない、社会から疎外されたコミュニティの女性クリエイターを支援する予定。NFTにとくに男女平等の変化をもたらすことを目的としている。 

ボイスは、代表的でなく、社会から疎外されたコミュニティのアーティストを対象に、3月に2回目の NFT レジデンスを実施する。 また、Ayanfe Olarinde、Shan Vincent、Autumn Breonといった最高ランクのキュレーターを迎えている。 

来たるNFTレジデンスシーズン、ヴォイスはNFTコレクションを NFTマーケットプレイス に投下し、女性たちがストーリーを共有できる場を作りたいと考えている。ボイスのレジデンスプログラムには、女性や有色人種のクリエイターが参加する予定。  

「代表的でない、疎外されたコミュニティからの女性は、NFTレジデンスのようなプログラムに参加してもらう必要がある」「そこにいる誰もが意識し、教育し、持ち続けなくてはならない」とフィッシュは言う。ボイス・レジデンスは、その声を還元し、また確実に増幅している。  

レジデンスには1ヶ月間の制作期間が与えられ、夏の間中、作品を発表できる。 レジデンスたちは、公平、正義、アイデンティティ、未来への証明、そして幸福というテーマのもとでノートを作成できる。ドロップから30日以内に販売されたものには、販売ボーナスが特別に与えられる。 レジデンシーは、クリエイティブをバックアップする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja