MTR、メタバース上にバーチャル鉄道駅を構築

メタバース

MTRコーポレーターとアニモカブランドがタッグを組んで メタバースに構築した。 クリエイターは、鉄道で遊びながら列車を運転したり駅の運営ができる。 鉄道ミュージアムでは、MTRが香港文化とどのように関りを持って来たのかを見ることができる。

メタバースは、私たちを仮想空間で結びつけ、コミュニティを作り、生活にプラスとなるものを発見できるビジュアルエリア。「私たちは現状を見つめ、提供される新技術を探求する」とジェイコブは話す。 

MTR株式会社は、新しいメタバースという世界にユーザーの取り込みを行っている。 バーチャルステーションはコミュニティによって建設され、vox editとゲームメーカーを使った、とてもクリエイティブでソーシャルなイベントになる。新規土地販売においてプレイヤーは、新規パートナーが所有する土地の近くにスポット購入できる。  

香港の大富豪アドリアン・チェン氏は、オルタナティブ投資のリーダーだった。HSBCはメタバースであるサンドボックス・ ランドに来てゲームファンに現実世界との接点を提供する。このようにHavasグループはサンドボックスと提携し、ゲームファンを現実世界に近づける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja