スポーツNFTは今年、20億ドル(約2500億円)以上の売上が見込まれる

NFT

アルゴランドは、バブル化の可能性があるデジタル通貨の1つだが、NFTはこれから活発化する産業と言える。 スポーツファンは、お気に入りのフランチャイズやお目当てのアスリートを応援して盛り上がる歴史的瞬間を迎えようとしている。 

2022年・NFTファン統計 

2022年までに最大で500万人のスポーツファンがNFTを受けることになる。これは メタバースでの販売、コンテスト、ギフトが混在することになる。5回の取引でのデジタルアート取得額は、全体で1億ドル(約124億円)に達している。これだけの需要がある以上、特許クリエイターは常にスポーツイベントを頭に入れておかなくてはならない。   

消費者需要を活性化するために、現在の知的財産権を維持しつつ、コントラストを描き出すことが必要になる。サッカーファンのグループであるkucoinが、オンライン・サッカーを普及させるのに専用ウェブサイトを立ち上げた。 

第1回 NFTプロジェクトとは全く別のものだという。 は、ディエゴ・マラドーナとジョン・モトソンとのコラボになる。 デジタルアセットをオンラインコミュニティーに配信することがゲートウェイとなる。 ワールドカップはオリンピックに似ており、大観衆を集めることができるから。 

スポーツNFTを併設するフランチャイズもあり、現代人のニーズに応えている。 スポーツ用品は、記録を塗り替えるのも時間の問題といレベルで売れまくっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja