バンキング・オン・ザ・メタバース:HSBCとJPモーガンのメタバース進出が物語るもの

メタバース

MootupのCEOは、メタバース・イノベーションに手つかずの業界はなかったと語る。 先月、HSBCがバーチャル・リアルエステートの購入を発表した。 同銀行は、メタバースの土地へ、スポーツ、esports、ゲームのファンを取り込むと主張している。 

メタバース・イノベーション

金融サービス部門が、メタバース・イノベーションの呼び水となっている。  メタバース とは、コンピュータ、スマートデバイス、拡張現実、バーチャル・リアリティVRヘッドセットを介して3次元の世界を共有するコンセプトだ。 新テクノロジーやギズモがあるのになお、革新的な企業はメタバース体験をもっと効果的に実現するためのさらなるテクノロジーを模索している。 

世界中の暗号通貨とNFTの数は3億と言われている。最初に仮想世界に参入した銀行が、2月にラウンジを開設し、バーチャルリアリティによって物理的な現実に近い、あるいはそれを凌駕するような UX(ユーザーエクスペリエンス)が容易に実現できるようになった。 

銀行業界では、HSBCとJPモーガンが バーチャルリアリティ  に投資している。2026年までには個人の25%がメタバースに1日1時間以上費やすようになる、とガートナーは言う。 またバーチャル支店が、レンガやモルタルの支店を凌駕するだろうと付け加えた。

ビジネスにおけるメタバースとは、企業が3D環境を構築して立ち上げること。 銀行や金融機関にとって、新しい働き方を開拓すること。 HSBCとJPモーガンが先陣を切り、新しいタイプのデジタルバンキングをキックオフすることになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
続きを読む

【NFTアートアワード】メタバース「XANA」にノミネート作品のギャラリーをオープン!

NOBORDER.z FZE CEO:株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:久保理夫)は、株式会社ポニーキャニオン企画(代表取締役社長:前田和哉)、株式会社フジクリエイティ...(株式会社ポニーキャニオン(代表取締役社長:前田和哉)、株式会社フジクリエイティ...
ja