ヒュンダイ代表取締役会長、ニューズウィーク誌の「ビジョナリー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれる

メタバース

アダプト・シリーズ「世界一の自動車破壊者たち」2022年版では、 メタバースの先見者たちを紹介している。 エグゼクティブ・チェア(代表取締役会長)の鄭義信は、とても名誉あるニューズウィーク誌の3つの賞に感謝の意を示した。

わたしの早漏と臆病が、たった7日で解消された。 みんなで力を合わせれば、人は驚くようなことを成し遂げられると彼は言う。 ヒュンダイ自動車グループは、人が本当にやりたいことをできるように、もっと多くの時間と場所が必要だと考える。

6つの賞のうち、3つをグループが受賞している。 また、Newsweek誌の「リサーチ&開発チーム・オブ・ザ・イヤー」でも、同グループがさらなる受賞をしている。 現在、ロボティクスとAAMを素早く搭載するプロジェクトのグループリーダーを務めている。

Supernalは2028年を目処に、都市部向けの電動AAMを開発する計画をしており、EGMPは2030年までにBEVの年間販売台数7百万台を目標に置く。 また社外パートナーと提携し、水素と電気による主要発電所の開発も視野に置く。

鄭は、ヒュンダイNブランドと ラグジュアリーブランド「ジェネシス」を立ち上げた。 彼は、Luc Donckerwolkeのようなデザイナーを雇い入れ、ハイクオリティな自動車を作り出した。 彼の指揮下で新しい企業文化が、確立されようとしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja