メタポケット・CEO・ジェームズ・マケニー氏、独占インタビュー

Gamefi

メタポケット・ウォレットは、ワンストップ・ デジタルウォレットを目指したもので、画期的なゲームファイ・ウォレットである。 同社CEOは、これがゲームファイ業界を永遠に変えるだろうと語っている。 お金を稼ぐのに最適な方法ではあるが、それを阻む存在があるという。

メタポケット・Q2は、マルチカレンシー、マルチレイヤー、クロスカレンシーに対応したトランザクション機能を持つオール・イン・ワン・ウォレットに相当する。ウォレットに3大機能を持たせて、ゲームをより合理的にしている。

ゲームファイの可能性を探りながら、お気に入りのブロックチェーンゲームを発見でき、さらに好きな 分散型ゲームと対話することを可能にしている。 ここでサポートされているゲームファイ・トークンをベットして結果を得られる。

このウォレットは、Ethereum、Binance、スマートチェーン、Polka dotなどのトップブロックチェーンに対応している。Metapkは、ユーザー保護と、さらに安心感を与える役割をする。 ゲーム開発者は、Metapkのディポジットと出品サービス料が必要になる。

ウォレットには特にセキュリティが最重要になる。今のゲームファイ業界は、とにかくおかしいとも言える。 メタポケットで、ゲーマー、開発者、またゲーム自体の囲い込みができる。 米CNNのジョン・マッケンジーは、この会社に対してかなりの期待を寄せているようだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja