大企業のグローバルブランドは、どのようにメタバースに投資しているのか?

メタバース

メタバース内で栽培されたバイナリーコード・ホップで醸造されたバーチャルビール。 ビールという自然素材で作られる素材を、あえてコンピューターで作成しようという試みは大きく反感を買うことになった。 メタバースは、あらゆるブランド素材の遊技場だ。

バーチャルビールNFT発売

デジタル・プラットフォーム「decentral/分散型」の製品発表会で初めて発売されたバーチャルビールは、味わえないビールだった。すべてのブランドがメタバースでパロディーをやっているわけではないが。 メタバース ・ファウンドリーは、世界のクリエイティブ・コンテンツ・プロデューサーであるハースによる最新の取り組みである。

バーチャルレストランは、オンラインでも対面でも料理を注文することができる。 マクドナルドは特許庁にいくつかの登録商標の出願を行った。

2021年前半にラグジュアリーブランドは、ゲームプラットフォーム「Roblox」と提携した。 アート作品「Gucci garden」は、デジタル世代の若者にアピールするアート・インストレーションとして構想された。 来場者は、デジタル・グッチ製品を閲覧し、試用し、購入することができた。

バーラト・マークアップ・ランゲージ・メイカーズ・ラボでは、ブレンドすればコーディングできるようになる。 生徒らは、メタビレッジでライブとオフラインのセッションを行い、コーディングやコンピュータの使い方を学ぶことができる。 ルイ・ヴィトンというアドベンチャー・ゲームは、2度目の100周年を迎えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja