アイフォンの発明者が、メタバースに投資しない理由とは?

メタバース

iPhone開発に携わったトニー・ファデルが、 メタバースにノーを突き付けた。今や彼の会社は、200以上のスタートアップを支援する投資会社でもある。 彼は、今後20年で物事が変わると主張しており、今使っているすべての製品が変わるということになる。未来では外部LP『Limited Partnership(リミテッド・パートナーシップ)』のないプライベート・ファンドになると話している。

そのファンド創設者は、機敏に動きながら、長期的な視点に立つことができると言う。 彼は、創造する価値のあるモノを創造するための執筆をしている。書籍は、製品と市場の適合性、お金を稼ぐこと、そしてビジネスを立ち上げる基本に関して書かれている。

スタートアップが成長ブレイクポイントを乗り越える方法や、バカ者との付き合い方など、超人間的なところにもフォーカスしている。 彼のアドバイスは、ずっと前から語られている。スタートアップを成功させる最善の方法は、スタートアップを始めることだ。

もし、関わらなければ単なる失敗になる。 投資家としてのファデルは、ビジネスが民主化されつつあることに興奮を覚えている。ジョン・ソーンヒル氏は、メタバース的投資の拡大が、気候変動対策技術の息の根を止めることを懸念している模様。

メタバースに投資すれば、問題の一端を担うことになると言うのだ。 物理的な原子を動かすことでしか、気候の危機を解決することはできない、と彼は書いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja