メタバースにおける銀行は、今後の銀行業界にどのような影響を与えるのか?

メタバース

メタバースはデジタル社会の次の形であり、新しい技術によるユーザーとのインタラクションのあり方である。 メタバースの銀行業界はまだ若く、これから伸びていくが、デジタル通貨の台頭、そしてグラフィックのような素晴らしい体験を提供するようになるだろう。

「メタバース」は、銀行が失ってしまった銀行業務と人との関係をもとの形に取り戻すでしょう。これからはバーチャル銀行支店に足を踏み入れると、ビデオ通話で実際にコンテンツやエージェントとの対話も可能になる。

デジタル通貨は、仮想世界での金融取引を可能にする。そして暗号通貨の背後にあるブロックチェーン技術を使用して、取引は瞬時かつ安全に実行される。 暗号通貨、ブロックチェーン、メタバースの台頭により、多くのことが影響されるようになる。

人々はすでに仮想資産にリアルマネーを使う準備が整っている。 フィンテックはデジタルをベースにしていて、 メタバース.

人は現実世界で多くの時間を過ごしたいと思っている。また銀行業界はまだデジタル化の途上にある。「lumiq」の創業者兼CEOは、ML(Meta language)やAIはマーケットに影響を与えるだけでなく、従来の銀行業界にも影響を与える可能性があるという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja