IPCショッピングセンター、買い物客に「ジャンプ」して出ていくように促す

メタバース

IPCショッピングセンターでは、「Jumpaverse」という新しいキャンペーンを展開しており、このキャンペーンは、人々を メタバース から遠ざけ、逆に物理的に実世界へジャンプできるようにするもの。

キャンペーンは5月15日まで行われる。これからもIPCは、ユーザーにとって、まるで自分の家にいるかのように快適で満足してもらえる場所を提供し続けたいと考えている。

IPCは現在、食事や買い物、イベントを通じてマーケティングを行っている。3枚のレシートで600リンギット(約18000円)以上の購入者に、ジャンパーバース・カトラリー・ホルダーセットをプレゼントする。 IPCタッククラブ会員には、同じプロモーションをよりハードルを下げて提供している。

子供向けの週末無料アクティビティ、クラフト、子供向けワークショップ、文化活動、音楽、ダンスパフォーマンスなどの 演芸。引き換えには、ハッシュタグ #ipcshoppingcentre と #Jumpaverse を使用する。

IPCは、衛生管理を改善し、コンタクト・トレースやソーシャル・ディスタンスなどの感染拡大予防を徹底させる意向。mysejahteraアプリをめぐる論争は、マレーシア顧客の購買意欲を減退させるだろう。 サブウェイ・マレーシアはラマダン記念に新しいマスコットを用意したようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja