スターバックス、NFT事業に参入

NFT

スターバックスは2022以降に NFT に投資する考えがあるようだ。同社CEOのハワード・シュルツは、2023年までにNFTに投資する予定だという。

シュルツは、これまでCEOと執行会長を務めていたが、先月、暫定CEOとしてスターバックスに復帰したばかりだ。 同氏は、同社の最高経営責任者(CEO)と会長を務めた後、暫定CEOとして同社に復帰した形となる。

スターバックスは、ブロックチェーン技術で成功するためにユニークで独特な戦略を考えているとシュルツ氏は言う。 デジタルNFTを開発しようとしている人、ブランド、有名人、そしてインフルエンサーには、宝の持ち腐れなど決してあり得ない。

また、スターバックスはすでに ブロックチェーン 技術のテストをスタートさせている。Bakktは、iOSアプリでスターバックスカードの補充を行うことができるとのこと。 BakkstarbucksとMicrosoftは最近、ブロックチェーンコーヒーのトレーサビリティ(取引履歴閲覧可能システム)の提携を発表した。

このパートナーシップにより、クライエントはコーヒーを豆からカップまで全てトレースすることができる。またマクドナルドはNFTに参加し、限定版NFTを作成した。 限定版はマックリブロゴと限定Tシャツの機能があるようだ。 食品業界において同社は、限定版のnfts作成で大きな役割を担っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja