「メタバースの時代はまだ到来してはいない」とフォレスターは話す

メタバース

レポート:34人がバーチャルワールドに興奮したりとか、76人がB2Cマーケティング担当として投資を計画するなど世界中が関心を寄せているが、正式にはまだメタバースの時代が到来したとは言えないだろう。

フォレスターは、メタバースは今後10年の間に、少なくとも段階的に成長するだろうと予測している。それは、デバイス、電話、バーチャルリアリティヘッドセット、その他の「思いもよらない」ものを経由し、相互に利用可能で、かつ相互にリンクされた環境をサポートして行かなくてはならないからだ。

フォレスター:企業や技術リーダーはメタバースについて考え始めるべきではないだろうか。 それには、法律、プライバシー、行動規範、説得力のあるUXデザインなどの各要件を整える必要がある。仮想世界とは、例えば、個人が自分自身で意思決定を可能にする所でもあるのだ。 

メタバースに対して、企業がブランド体験を提供すべきと考えるネットユーザーはわずか14%に留まる。  CIOSやCTOSは、鍵を握るテクノロジーを評価し、管理し、そして優先順位をつけられるような戦略を考えるべきではなかろうか。 

仮想世界の知識を持つビジネスやテックプロフェッショナルの58%がメタバースやバーチャルを採用すると回答していて、これを背景に、フォレスター社の公式ブログでは、メタバースに関する有益な情報を提供している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja