「OpenSea」とは?

NFT

「OpenSea」は NFTマーケットプレイス デジタル資産の取引に特化した分散型NFTマーケットプレイスで、2017年末にven finzerとAlex Atallahによって開始された。また、業界では「OpenSea」のプラットフォームには200万人のアクティブユーザーがおり、そのNFTをフィルタリングするための200のカテゴリーがあるNFT最大級のサービスだ。  

「OpenSea」とイーサリアム・ブロックチェーン

シンプルに使える イーサリアム・ブロックチェーン は、最も安全なチェーンの1つだ。 また、Openseaは現在、polygonやklaytnなど他のブロックチェーンにも対応していて、データの検証や生体認証のステップをすべて完了すれば、誰でもNFTを購入することができる。 

 もちろん、NFTを自分たちで作って販売することも可能だ。 もし、あまり更新されていない既存のコネクションがあれば、小売店から購入することができる。 

現在、「OpenSea」で一度に作成できるNFTは1つだけで、同じ作品のバージョンを5つ作る場合は、statsにedition numberを追加する必要がある。 

また、NFTの作成は無料なので、ガスを支払う必要はない。 作成リンクをクリックすると、検索バーの下にあなたのファーストネームが表示される。 編集が必要な場合は、NFTの右上にある鉛筆マークをクリックするだけと簡単な仕組みだ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja