「CEEK City」がランドセールとアバターストアを発表

NFT

「CEEK VR」は、「CEEK City」というメタバースにおける仮想現実・拡張現実のNFTプラットフォームだ。 すでに音楽やスポーツチームなどのコンテンツクリエイターが、仮想世界でファンとつながることを可能にしている。 

CEEK社は、住んでいる場所や使っているデバイスに関係なく、誰もが利用できるようにするために、さらに工夫を凝らすという。 バージニア州COWENの町では、ランドを販売し、誰でもその上に建物を建て、購入することができるようにする。 

 ロットはすべてNFTブロックで、CEEKのNFTは全てEC721規格により、先進のNFTマーケットプレイスを持っている。そして、 アバター 店舗「CEEK VR」では、3Dアバターをリアルタイムでデザインすることができる。 アバターに着せる服は、クリエイターや好きな小売店から購入することができ、CEEK VR Roadmap 2022とMetaverseは、無公害で快適な空間として設計されている。  

そして、友人同士の情報交換やコンサートを楽しんだり、ワークショップに参加したり、ディスカッションをしたりと、誰でも気軽に参加できるプレイスだ。 アートアクセサリー、車、メタヨット、ジェット機など、ユーザーが思い描いたものを購入することができる。 

バーチャルリアリティとオーグメンテッドリアリティ NFTマーケットプレイス NFT市場は、2025年には6000億ドル(約70兆円)を超えると予測され、メタバースの小売市場規模は8兆ドル(約960兆円)と推定される。 2022年までに少なくとも1億人のアメリカ人がVRの最初のユーザーとなるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja