AIを活用したGameFi「Mirror World」が400万ドル(約4億8,000万円)のシード資金を調達

Gamefi

ゲームイフ マルチゲームNFTの相互運用性を持つビルダー「Mirror World」が記録的な速さで、400万ドル(約4億8,000万円)のシード資金をクローズした それは、AIを活用したプロジェクトで、世界的な技術のパイオニアであるGameFiと、分散型バーチャルカーニバルを組み合わせた新しいゲームを提供している。  

「Mirror World」プロジェクト

yCombinatorをインキュベートし、それぞれのゲーム「Mirror World」に人工知能を搭載した仮想生命体を配置。 「Mirror World」では、より多くのゲーム製作者が接続できるよう、標準的な経済フレームワークをリリースしていく予定だ。 

Mirror Worldは、2021年に初のインタラクティブNFT「ミラーNFT」を発売した。 最初のインキュベートされたRCプロジェクトは、より多くのWeb 3コミュニティでそのAIモデルを使用している。 そして、プレイヤーはミラーネットワークでMirror Worldをプレイし、様々なゲーム体験をすることができる。 

Mirror worldとRepublic Cryptoは、プレイするのが楽しいトークンとDAOの作成に取り組んでいる。 オープンフレームの経済システムが、より多くのゲームスタジオにインセンティブを与え、サポートするのは非常に素晴らしいことだ。  

Mirror worldは、オープンで、自律的で、アセットが交換可能な、すべてが共有のトークンシステム下にある。Mirror worldは、孤立した中央集権的なGameFiプロジェクトがいかにAI活用に失敗しているかを検証するために開始された。 メンバーは、AIを活用した仮想生活を中心に据え、 人工知能と暗号を使用してWeb3を作成している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja