初のNFTベースの競馬クラブ

NFT

The Sport of Kings Crypto Raceの次のステージは、2022年に行われる NFTとしての馬は、ポール&オリバー・コールのような一流の厩舎で調教される馬だ。

暗号通貨による1回の簡単な支払いで、すべての購入と手数料をまかなうことが可能で、すべてのステークはNFTで取引される。 シーズンの終わりに、ホルダーは、売却価格だけでなく、勝利金も受け取ることができる。  

利用規約の全文はcryptoracing.comで入手できるが、クリプトレーシングでは、シンジケートへの参加料はわずか1%だ。これは、NFTの概念に関する世界初のことだと運営は述べている。

グレートゲームは、新世代の馬や競走馬をゲームに登場させることが期待され、クラブに所属するほとんどの馬は、ミスター・イーサリアムやミスター・ビットコインといった暗号通貨の名前がつけられている。  

ところで、「Crypto Racing Club(CRC)」は、従来のNFTとは異なるNFTを提供している NFTマーケットプレイスCRCはイーサリアムでNFTを製造し、The OpenSea NFTマーケットプレイスで販売、Twitter、Facebook、Discord、Instagram、YouTubeで宣伝される。また同時にEmerald Watersでも販売される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja