アメリカン・イーグルがメタバース・ベースのマーケティングとセールスの早期導入に乗り出す理由

NFT

アメリカン・イーグルはこの春、Z世代と共にRobloxに参加する予定だ。 同社は2021年にアパレルの売上を500万ドル(約5億7,500万円)と予想し、 更にSnapchatとのホリデー拡張現実イニシアチブから、さらに200万ドル(約2億3,000万円)を見込んでいる。 

ブロマーズは、正確な金額の詳細を公開することを拒否しているが、広告予算は100%デジタル部門で使われ、そのうち約10%はイノベーションに回されている。 その広告費は2021年に600万ドル(約6億9,000億円)になり、前年の500万ドル(約5億7,500万円)を上回った。 

一方、メタバースには、ファッションやアパレルのブランドがたくさんあり、その利用者は2020年には800万人に達する可能性があると、YouTubeに参加したメディア企業は、メタバースの早い段階でYouTubeと比較しています。  

Wunderman ThompsonIntelligenceの編集者であるEmilySafian-Demersは NFTマーケットプレイスメタバースおよびNFT市場のブランドにとって、それは優れたエントリポイントで、アメリカンイーグル社は、この春、メタバースで単にマーケティングすることに留まらず、メタバースマーケティングに約10人を雇用していると述べている。  

そして、メカニズムのチーフ・ソーシャル・オフィサーは、「新しいプラットフォームによって視聴者の構築が容易にはなったが、コミュニティを拡大するためにお金を使うのではなく、 Web3メタバースを理解するために、時間と労力を費やして欲しい」と語った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja