Metasens社のユーティリティ・トークンMSUがAAX暗号通貨でグローバルデビュー

。

MetaSens Utility TokenがAAX Crypto Exchangeでグローバルデビューした。 メタセンスネイティブトークンは、供給上限が500,000,000枚で ゲームファイ プロジェクトに参加。 そして、MSUのトレーダーは、APYのような期間限定の取引で最大20%ものお得な情報を得ることがてきる。

Metasens UniverseやMetaSens Blockchainのどのゲームでも、MiSusを無償で使用・取引でき、ゲーム内で上位のプレイヤーほど、より多くのMSUを獲得できる。 そして、MSUを保有するユーザーは、メタセンスの意思決定とガバナンスの一部として参画可能。

AAXは、これからのブロックチェーンゲームで活躍するだろう。 アニモスメタセンは4ヶ月前のローンチ以来、順調に推移し、MSUはもちろん、来年には12カ所の暗号取引所に上場予定だそうだ。 

Metasensisは2021年の第4四半期にImperium Technology Group 07によって展開されるメタバースプロジェクトだが、AAXは、そのような良いプロジェクトとコラボレーションすることで、GameFiのエコシステムの積極的な一翼を担いたいのだ。

 MetaSens は、伝統的なゲームとブロックチェーンを組み合わせ、一般の人々の参入障壁を低くしている。また、AAXは、200万人以上が利用し100カ国に展開する取引所で、Satoshi Standardを採用した最初の取引所でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja