ウクライナの国旗NFTが支援活動の一環として640万ドル(約7億4,000万円)のイーサで販売される

NFT

ウクライナ国旗NFTが援助活動の一環として、イーサリアム640万ドルで販売され、ロシアのパンクロックグループ、Pussy Riotが購入した。また、ロシアのデモ隊はウクライナの人々を支援するために400万ドル(約4億6,000万円)を集めた。

約3271人が、そのNFTに資金を投じたが、寄付をした人は、大量のラビングトークンを受け取り、NFTを平等に所有することになる。 そして、メタバースでNFTの細分化が行われると、$LOVEトークンが配布される。 メタバース.  

UkraineDAOは、$LOVEトークンを寄付のシンボルにすることを提案。そして、ウクライナ軍とつながりのあるリターンアライブ財団に寄付されることになる。

しかし、暗号通貨をロシア国境を超えて送信するは禁止され、ロシア最大の銀行であるスベルバンクは、ロシア人がウクライナ基金に寄付を送ることをブロックしている。  

ウクライナは、明らかに戦争状態にあるため、銀行の決済システムはうまく機能していないが、それに乗じて企業や政府が私たちの資金をどうするか決めることなど、決してあってはならない。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja