対ロシアのウクライナ支援に活用される技術的方法

暗号通貨

難民機関の推計によると、ウクライナで先週は50万人以上が避難を強いられたが、空き部屋の提供から暗号通貨の寄付まで、ハイテク企業は様々な方法で資金集め、また世界中の人々がテクノロジーを使って、 ロシア と戦うウクライナを支援している。 

スタニスラフ・サバノフさん(37歳)は、普段は外国人向けのリロケーションサービスを営んでいるが、侵略以来、何百人もの人に手を差し伸べてきた。また、ポズナンの700人のメンバーからなるグループ「kejterski patrol」は、避難してきた人たちの手助けをしている。 _ _ 

ウクライナのボランティア団体やハッキング団体への暗号通貨による寄付も、攻撃以来急増。Save the ChildrenやMercy Corpsなどの慈善団体も、救援活動を支援するための寄付を募っている。また、Net freedomsは、インターネットが停止しても、大切な人とコミュニケーションをとり、情報を得るのに役立つ一連のヒントを公開している。 

そのヒントには、インターネットへのトラフィックを取得するアプリを削除して、Wi-Fiから不要なイノベーションを切り離し、不足しないようにすることが含まれている。ある企業はまた、ロシアのウクライナ侵攻に対応する技術の使用を発表した。 

それは顔交換アプリ「Reface」で、侵入に関するプッシュ通知をユーザーに送信。それにより、ロシアの国営メディアは、そのプラットフォーム上のどこにおいても広告の掲載やマネタイズを禁じられるようになった。Googleも同様の動きをし、いくつかのGoogleマップのツールを無効にした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja