マーク・ザッカーバーグは、農業改革に夢中

メタバース

マーク・ザッカーバーグは、自分のプラットフォームのユーザーがオンラインライフに移行できるようにと、会社の名前を FacebookからMetaに 変更した。それにより全世界が崩壊してオンラインになるという「Overell」の夢は打ち砕かれた。

人々が現実のお金ではなく、暗号通貨を使ってアバターとして時間を過ごしたり、仕事をしたり、遊んだりすることができるオンライン空間は、現実の生活のようではあるが、オンラインで暗号通貨が使用される世界だ。 暗号通貨

そのデジタルスペースは共有され、様々な日々のプレッシャーから解放されると宣伝されている。Metaのマーク・ザッカーバーグはデジタルフィールドを追いかけることに夢中になっているが故に、そのことに気づいているようだ。 

ザッカーバーグは今週オンラインリアリティ番組を休み、動画更新を任せた。 

その動画で、私たちはオンライン馬を飼いならし、畑を耕してジャガイモや穀物を育てることをマスターした。メタバースは、新しい馬の品種改良によって、また新たな次元に踏み出したのだ。と語っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja