マークザッカーバーグ氏は、メタが仮想世界を構築する中で、AIがメタバースを解く鍵であると語る。

メタバース

メタバースに対する投資が報われるかどうかについての論議が高まっている。 Facebookは昨年 Metaに社名を変更し、時代の移り変わりを強調したが、 メタバースへの投資 がうまくいくかどうかについての疑問も持ち出されている。 

メタバースは、センサーやヘッドギアを使って人々が交流する3D仮想世界だ。アップル、グーグル、マイクロソフトなどの強力なライバル達は、メタに対抗する準備はできているようだが、メタの最初のメタバースプラットフォームであるHorizon Worldsを使うと、人々は仮想的に交流することができるようになっている。 

ザッカーバーグ氏はカンファレンスで、メタバースの進歩は現実を超えている、世界を構築し探索するためにハードウェアデバイスからソフトウェアまで、さまざまな分野での進歩が必要になるが、人工知能AIがこれらの進歩を解き放つだろうと語った。 

一方、将来のプラットフォームは、仮想世界を理解し、それを多くの言語に翻訳する必要があるが、エンジニア、デザイナー、科学者のチームが、没入型コンピューティングの基盤を構築している Appleは、現実がミックスするVRゴーグルを作っていると噂されている。 

メタはFacebookをベースにInstagram、WhatsApp、Messenger、 VRヘッドセット、Oculus Riftなどの複数のプラットフォームを持つ企業だが、その株式価値は水曜日に約2年ぶりに下落し200ドル(約23,000円)を下回った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja