「フィッシング攻撃」でOpenSeaの取引額が減少

NFT

NFTsトレーディング 「OpenSea」最近のNFT取引額は、37%減少して約6億6000万ドル(約760億円)になった。これは、プラットフォームで最近起きたフィッシング攻撃が原因のようで、ユーザーは約300万ドル(約3億5,000万円)相当のNFTを失った。 

ハッキングの被害に遭ったユーザーは17人未満で、被害額は$1との評価だったが、700万人がハッキングの影響を受け、合計 $17 00万(約20億円)が失われたことが状況速報で明らかになった。そして、Bored Apeを失った被害者の一人は、「OpenSea」に対して訴訟を起こした。 

その原告は「DappRadar」のデータに同意していないとして、「OpenSea」を非難しているが、最近の「OpenSea」での取引やユーザーの活動にほとんど影響を与えていない。プラットフォームでは取引量が65%減少したが、今日のブロックでは取引可能だった。 

「Mintable」は NFTマーケットプレイス で、盗まれた3つのAzukiNFTを回収した。自社のプラットフォームで販売するためにNFTを購入していたというが、それぞれの前の持ち主に返却したいとしている。そして、Mintableは、盗難事件を調査しているという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja