今週末、シンシナティで何かが開催される

Cincinnati

MSS labsによる Cincinnati それは2週間にわたって開催され、400以上のブースが開設される。また、「Ask a Designer(デザイナーに質問する機能)」には、写真や図面、ビジョンボードなどを持参することができる。 

また、Cincinnati HOME AND GARDEN SHOWは、市内最大級のヴィンテージ、モダン・ショッピング・イベントで、20世紀のモダニズムを専門とする50以上のディーラーが参加。特別展では、現代の女性デザイナーに焦点を当てている。 

今回、CAM 2ではいくつかの新しい展示が行われ、CAMの黒人アーティストたちは今週金曜日にシンシナティ美術館でオープニングを迎える。その、「Working Together」は、1963年にニューヨークで結成された画期的なアフリカ系アメリカ人写真家集団「KamoingeWorkshop」に関する初の大規模な展覧会だ。 

そして「Unfit」は、暗号資産の裏と表を教えることを目的としたウェブサイトで、世界中のアーティストによる立体的な デジタルアートが多数展示される。 

そこで短編作品は、ドキュメント、アニメーション、実写の3つのプログラムで紹介され、チケットの価格は $58(約7,000円)。シニアや学生には割引が適用される。 3月13日までガーフィールド・シアターにて、金曜~日曜に開催される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja