「GreenStar」がGameFiバリューの新たなモデルになるだろう

ゲームファイ

「GreenStar」は、ソフトバンクの「パラレルユニバース計画」の最初の GameFi NFT で「グリーンパラレルユニバース」だ。バーチャルリアリティは世界の環境を変え、最終的には、砂漠に木を植える計画もある。 

次期バージョン1では、「Green Star」はゲームではなく、木を植えることが目的になり、コミュニティの発展とゲームを促進するためのエコシステムが確立されることだろう。また、このインフラで、農業、植栽、生産を通じて、経済学のためのDEFアプリケーションが用意される。 

Technical Iteration 3などによる、インカムアグリゲーター、リクイディティマイニング、NFT、DeFi、ゲームなどのエコシステムを持つPlay to earnが成功し、スマートファームゲームは、ブロックチェーン技術を含んだパラレルワールドの仮想金融シーンを提供するようになるだろう。 

「Green star 3」は、 バーチャルとリアリティをうまく融合させ、「GreenStar」は、エコロジカルなデベロッパーの資産価値を維持する。また不動産向けの商品も存在し バーチャルリアリティ、医学、ゲーム、都市計画など、様々な分野で活躍している。会社名は、「Chinese Instrument and Control Society」で担当者はWSSプロジェクトチームだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja