メタバースで10年後のデータ使用量は20倍に

メタバース

デジタルエコシステムから メタバース への移行により、データ使用量は世界で20倍になる。現在でも、インターネットのトラフィックはすでに80%がビデオであり、それは年30%の割合で増加している。

メタバースの利用を控えめにしても、今後10年間は37%のCAGR(年平均成長率)になることが予想されている。メタバースで最初に使われるのはゲームだと言われているが、5Gプラットフォームはメタバースを強力にサポートし、そして、将来的に6Gに拡張されていく。

メタバースとは リアルタイムマップに基づく 仮想世界 だが、インドでは、安く携帯電話と4Gデータサービスが利用できるため、未だゲームは初期段階にある。固定ブロードバンドの使用は比較的少なく、モバイルインターネットがインドでは主流だ。

どのプレーヤーがメタバースから最も恩恵を受けるかを判断するのは時期尚早だが、インドは、1日のモバイル利用時間が世界的に見てもトップクラスの国で、ブロードバンド普及率は、今年の年度末までに9%まで上ると予想されている。

また2025年度末に予想されるデータ需要は6%から12%になる可能性があり、光ファイバーインフラストラクチャを急速に拡大させる必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja