ファストフードファンに伝えるNFT

NFT

「Chickncone」は、一般の人々と共有できる方法として、ノンファンジブル・トークン(NFT)を検討している。NFTは、アート、ビデオゲーム、ファッションなど、さまざまな分野で利用され、使い方もさまざまだ。 

NFTは、美術品などのユニークな商品の真正性を証明するものだが、最近では、投資家がレストランビジネスの一部を所有する際にも利用されている。つまり、株式保有の新しい所有権の形なのだ。

チックンコインは イーサリアムを使用して暗号通貨として購入することもでき、トークンは、チェーンが営業している米国の特定の地域に関連付けられている。 ウィンドフォール

彼らがローカルエリアで販売する各アイテムには、2%のロイヤリティが支払われるが、各NFTの場所はランダムに割り当てられ、ミームホルダーはインターネットで転売することができる。このチェーンはマイアミ地域にあり、アメリカ、カナダに24店舗、そして最も重要なカナダには58店舗の新規出店が決まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja