「Babyshibadoge memecoin」が大規模なプロジェクトNFTマーケットプレイスとGamefi Play2earnを立ち上げる

Gamefi

Gamefi 「Baby shibadoge」は、日本の狩猟犬である柴犬をモチーフにし、取引ごとに エコシステムの場合、2%の手数料を獲得でき、コミュニティは、各取引で発生する手数料から、より多くのトークンを受け取ることになる。

「Baby shibadoge」には、オートバーンとマニュアルバーンの2つのシステムが搭載されているが、マニュアルバーンチームは、バーンの日時を事前にアナウンスし、全コインの25%が6ヶ月間リクイディティロックに入る。

しかし、トークンはロックダウン期間中でも簡単に譲渡することができる。この暗号化プロジェクトは、幅広い層をターゲットにすることを計画していて、第4段階では、すべてのプロジェクトをソーシャルメディアで発表する予定だ。

デビットカードとアプリケーションウォレットをペイメントゲートウェイに接続すると、eコマースが可能になる。 これによりより多くの人にリーチすることができるだろう。 _ _

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja