暗号市場の仮想土地(ランド)への投資は一過性か今後も続くか

暗号通貨

MSS labsによる メタバース は、ユーザーが交流したり、仕事をしたり、遊んだりする仮想世界に似ている。フェイスブックが10月にメタバースユーザーが利用しやすいように名前をメタに変更したことで一躍有名になった。「Decentraland」や「the Sandbox」、そして多くの著名人がバーチャルランドを販売するようになった。

コレクションの世界は新しい時代を迎えており、コレクターたちはコレクターズアイテムに対する別の見方を追求している。ビットコインとイーサリアムは独自のデジタル資産を形成し、これらはNFTと呼ばれるため、デジタル資産の所有権はどこにでも存在する。

メタバースの土地では、デジタルコレクションを展示するパーソナライズされた空間を作ることができる。多くの土地所有者は、今もメタバース上に自分の土地を構築しているが、それぞれのメタバースには限られた区画しかないため、希少性が確保される。

KLCCのコンドミニアムよりも高い値段で購入した仮想の土地が、一晩で消えることもある。Yongさんは、2018年に提案されたプロジェクト「Picture」のアドバイザーだが、これは、人々が写真や動画を地図上にピンで留めることができ、バーチャル地主は、人々が自分の区画にバーチャルな看板を置くことで収入を得る仕組みになっている。

現在、 バーチャルランドの不動産開発業者が、土地を買い取って、高級マンションのような空間を構築しているが、ある会社のCEOは投機家が価格を押し上げ、バブルを起こすだろうと、語った。

今後の動きが楽しみである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja