「MetaGod社」が Gamefiとメタバースのプラットフォーム提供開始を発表

Gamefi

ロンドンのスタートアップである「MetaGod社」は、GameFiとメタバースのプラットフォーム開発を発表した。提供するのは、ゲーミフィケーションからソーシャルインタラクション、エンターテイメント、プレイから報酬まで、自分のメタバースを構築し、コントロールするための機能だ。

「MetaGod社」では、カードゲームをベースにしたメタバースが展開され、 モノポリーは、Binanceスマートチェーンネットワークを使用している。プレイヤーは、パブリッシャーから出された複数のゲームを、どのマップでもプレイすることができ、トリプルトークンシステムは、ゲームエコシステムの構築を支援し、ゲーマーに多くのものを提供する。

メタバースには、パブリッシャーがあらゆる種類のゲームを展開できるSDKが準備され、景品を獲得したり、お金を返したり、ミッションを遂行したりする場面がある。また、エコシステムには、マルチプレイヤー・オンライン・ゲーム、PvPゲーム、ストラテジー・ゲームなどのゲームが含まれる。

MetaGodによると、 プレイ・トゥ・アーン ゲーミフィケーションのインセンティブを獲得することで、ユーザーがのめり込む、新たな境地が開かれる可能性がある。MetaGodを開発したチームは、すでに2つのベンチャーキャピタル会社から90万ドル(約1億350万円)の資金を確保した。実現可能なビジネスモデルを運営するためには、最初のスタートアップ資金の確保が必要不可欠だ。

その2つの会社とは、dxベンチャーとmoomスタジオの2社だ。最初のフェーズは、2番目のラウンドよりもはるかに良い条件の投資を受けることができる。 The GameFi RevolutionというタイトルのMetaGodの本は、著名な企業がゲーム業界をどのように支配しているかについて重要なポイントを示している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja