FarmVilleを開発した「Zynga」が、初のNFTゲームを今年リリース予定

NFT

「Zynga」は、カリフォルニア州サンフランシスコに本拠地を置き、「FarmVille」「CSR Racing」などで知られるダイバージェンス・デベロッパーだ。同社は今年最初の ブロックチェーン とNFTベースのビデオゲームを発売する計画を発表した。 

ブロックチェーンゲーム組織の副社長に任命されたベテランのMatt Wolfは、これが暗号世界の分野における最初のプロジェクトとなり、10億ドル(1,200億円)規模のレクリエーションスタジオが、デジタルの世界からより多くの利益を得るために動き出したと語った。  

計画では、「Zynga」はブロックチェーンに関連する開発者の採用プロセスを共有し、世界のどこでもリモートで働けるスタッフを、15人から100人規模にしたいとしている。また、「Zynga」は、「Grand Theft Auto」の作者であるビデオゲーム界の巨匠だ、そして「Take-Two Interactive」の傘下に入る可能性がある。この会社は、2023年の第一四半期中に終了する予定の127億ドル(約1兆5,000億円)の資産譲渡を発表している。

そこで「Zynga社」は次のように述べている。「ゲーマーが自分のゲーム・ジャーニーのオーナーになることを可能にするような専門知識を持つことで、Zyngaの視聴者層を拡大し、エンゲージメントと定着率を強化することだ。」 

またNew York Occasions誌のインタビューで、WolfはNFTベースのビデオゲームの短所や複雑さについて、NFTはグループ化をサポートするが、彼はすべてのプレイヤーにPlay-to-Earnのチャンスを与える予定だと語った。 Play-to-Earn。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja