「Infinity VenturesCrypto」が最初のファンドを7000万ドル(約80億円)で終了すると発表

ゲームファイ

「Infinity VenturesCrypto(IVC)」 暗号化 は、7000万ドル(約80億円)のキャップで初のファンドをクローズした。「GameFi」「DeFi」「Web 3」への投資は、メタバースの成長を生み出し、加速させることを目的としているが、IVCは、暗号産業をターゲットにしたアジアで最高のファンドだ。

また、IVCは、2021年8月の設立以来、「Circle」「Digital Currency Group」「Animo」などの有名企業を含めた 78社に投資してきた。彼らは過去13年間、姉妹ファンドとの伝統的なベンチャーキャピタルを所持し、 そのHeadline Asiaは、グローバルネットワークを使用して、世界中のブロックチェーンスタートアップに力を与えている。

トークノミクスから暗号通貨取引所への上場まで、創業者をフルタイムでサポートすることで現地の専門家を採用し、ブーツ・オン・ア・グラウンドのアプローチで東洋と西洋の架け橋となっている。IVCとYGGは力を合わせて最初のsubDAOを構築し、インキュベートした。

YGGは、銀行口座を持たない人々を助けるというIVCのビジョンのもと、パンデミック時にはプレイヤーに資金を提供した。 彼らは2015年から クリプト 暗号通貨に投資しており、企業がこの絶え間なく変化する状況を支援してきた。

彼らは、スタートアップが絶えず変化する暗号通貨の状況をナビゲートするのを助けてきた、そして現在は暗号通貨に投資している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja