「Gusto Collective」バーチャルヒューマンが制作したNFT作品をオークションに出品

NFT

「Mono」という名前のバーチャルヒューマンによるジェネレーティブなアートワークがオンラインオークションに出品された。データドリブンなアートワークは、ジェネレーティブであると同時に、NFTによるデータドリブンでもある。オンライン入札では、よりクリエイティブなコンテンツを生み出すアルゴリズムを採用している。

私達はジェネレーティブアートが、オンラインオークションで収集されたリアルタイムのライブデータをベースにしたライブを フィリップスのウェブサイトで見ることができる。MonoCはその情報をコンピュータ上で生成し、オークション中に各ロットがどのように販売されるかが全てのプロセスとなる。

MonoCは、HKSの生みの親であるTerrence Ma氏とチームを組んだ。このプロジェクトは、Gusto Collectiveのすべての活動の中心からメタバースへシフトさせる。また創業者兼CEOのAaron Lauは、彼女のクリエイティブな思考と技術の新しい組み合わせが何をもたらすのかを期待している。

NFTは、ARメタバースと NFTスペースの主要なプレーヤーになることを目指している。 それは最初にオークションから作成され、そして私たちはそれを提供することにとても興奮している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja