PlaySide (ASX:PLY)が「BEANS」のNFT発売で3800万ドル(約44億円)の収益を生み出す

NFT

PlaySide初のWEB3.0プロジェクトである ビーンズ で、先週の金曜日に発表したNFTが 7,000個販売され、3800万ドル(約44億円)の純利益を生み出した。

BEANSはDWTD(Dumb Ways to Die)ブランドの利用を計画し、第1四半期に2500万ドル(約29億円)でこのブランドを取得した。

また、YouTubeやTikTok、ゲームで躍進した Beansは、1月のデビュー以来、Discordでも8万人のフォロワーを獲得し、Play slideで 3800万ドル(約44億円)の収益を上げた。

その利益の一部は、クリエイターのロイヤリティに充てられる。そして、会計年度の第4四半期には「BEANペット」の発売を予定している。このWeb3.0は、同社にとって初めてのWeb3.0で 3Dアバター は23年下半期に発売予定だ。

PCでの発売に続き、h2にはモバイルプラットフォームでの発売も予定している同社は、ビジョンを実現のためにもっと広範なプロジェクトに取り組んでいきたいとしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja