ミュージシャンであるJacob Parkは、自身のアルバムアートが無断で、NFTとして販売されていた事を発見しショックを受けた

NFT

「leaping Tiger」のJacob Parkは、米国のウェブサイトで他のアーティスト達と共にNFTとして販売されているアート作品に自分の作品を発見した。Jacob Parkは、作品がNFT化されテレビで見られるようになった何千人ものミュージシャンのうちの一人だ。

Jacob Parkは、無断でNFT化されたと主張し、NFT化したのは、スポティファイから来た者だと語ったが、彼らは人々にとても人気がある。

また Jacob Parkによると、このアーティストは、インターネット上でランダムに画像を販売するのではなく、画像自体を販売することを目的としていたという。彼が2019年に作成したアルバムは、実際にはNFTに変換されていた。 NFT.

ウェブサイトでデジタルグッズが販売された場合、すべてのミュージシャンに報酬が支払われる。実際、私達が購入しているのは、前面に画像が表示されたCDのライセンスコピーだが、画像を所有していない人が作ったトークンは、怪しいし価値がない。企業がNFTを販売する場合、トークンを販売するためのソースコードと著作権を保有していなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja