2022年2月に爆伸びする可能性があるが、過小評価されたメタバース銘柄トップ3

メタバース

先月は暗号通貨にとってハードな月で、多くのコインの価格が下落した。プラス面では、2月は順調にスタートし、ビットコインもイーサリアムもまだサポートラインを受けることができている。 一方メタバース 銘柄は、暗号市場が反転した場合、今月中には良い方向に向かうと思われる。

「Alien Worlds3」世界で最も人気のある暗号ゲームの単価は0ドルだが、2022年2月からテレビに登場する。このゲームの時価総額は約1億300万ドル(約120億円)。市場にはまともに動作しない製品で時価総額の高いプロジェクトが多数存在する。

「Wilder Worlds」は、市場で最も期待されている超現実的なメタバース暗号通貨の1つだが、チームは、Unreal Engine5を使用して実際の イーサリアムベースのメタバース を構築している。

「Revomon Beta Metaverse」は、Questおよび他のすべてのデバイスで利用できる。ゲームには、アクションに対する報酬と、プロジェクトの実行方法を決定するDAOがある。

また「Uniswap」と「KuCoin」の両方でWildを入手できる。「Revomon's Metaverse」は、Unityのゲームエンジンを使用して作成されたが、ユーザーは、クエストの実行や戦闘の完了などが可能なRevomonの軍隊を作ることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja