マイクロソフトによる「Activision-Blizzard」の買収の狙いはマーケティング目的か

マイクロソフトがメタバースを買収しようとしているという噂がかなり広まっている。人気のNetflixのゲーム番組は、昔ながらのリニアメディアモデルを模倣したものだ。

「マイクロソフトは、ゲームのバックカタログと、新しいゲームのパイプラインを構築してきた。数十年にわたってカルト的な人気を誇ったマーベルやルーカスフィルムをディズニーが買収したのと似ている。ディズニーがスターウォーズMCUとマーベルMCUを持ったことで、より大きな意味を持つようになったのと同様に、同社には成長の余地がある。」

ゲームのストリーミング配信は、今のところ良いアイデアではない。ストリーミングのためには、サードパーティのISPが質の高い接続を提供しなければならないからだ。だがゲームをプレイする前に消費者がゲームをダウンロードすれば、この問題は解消される。ビデオゲームは映画と違い、プレイヤーが自分の居場所や成果を残すことができるので、保存が可能だ。

プレイヤーが作成したキャラクターへのアクセス権を保持するためにゲームを購入しても、二度とそのゲームをプレイしないことはよくあることだ。それはゲームをプレイする際にNetflixで映画を購入するのとは似て非なるものだ。

アップルは、マイクロソフトがiPhoneでゲームを販売することを妨げる条項を設けている。またマイクロソフトは売上を伸ばすために、ほとんどのゲームをXBOX専用にするのではないかとも言われている。歴史的な教訓として、マイクロソフトはハードウェアではなくソフトウェアを販売することで利益を得ているからだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja