「Affyn社」が約2,000万ドル(約23億円)を調達、Nexusの発売によりメタバースGameFiのモデルを書き換えた

自宅でビデオゲームをする8歳の少年

「Affyn社」は、Nexusの立ち上げでメタバースGameFiのモデルを書き直すことで、2,000万ドル(約23億円)近くを調達した。来るべき新しいメタバース世界「Nexus」を支えるグループは、プライベート・ファイナンスとプレセール・ファイナンスで大きな成功を収めた。

メタファーを立ち上げる資金があるため、NexusWorldチームにとっての期限は2021年12月と2022年1月だった。12月には、約50社のベンチャーキャピタルの機関投資家や個人投資家が700万ドル(約8億円)以上の資金を調達した。

プレセールオープンから、60時間で400万個を確保したことで、メタバースゲーミングAffynはメタバースのゲームプレイと拡張現実を組み合わせた。

このプラットフォームでは、ブロックチェーン技術を用いて、game-to-winモデルでユーザーに報酬を与える。キャラクター「Buddy」は「Affyn社」がまもなく販売を開始し、ネイティブのFYNトークンでのみ購入できる。

またユニークなNFTトークンでキャラクターを表現。「Affyn社」のplay to earnメタバースは、デジタルアバター、NFT's、アセットを使ってリアルな体験を実現する初めての試みだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja