Valve社の元エコノミストが、Facebookのメタバースを「Steamのようなデジタル経済」と呼び、その中でザッカーバーグを「テクノロード」と表現

元ギリシャの財務大臣でValve社の元従業員エコノミストであるJanisVaroufakisは、CryptoSyllabusのWebサイトで長くてゆるいインタビューを行った。ブロックチェーンについて、その可能性、厳しいさ、そして監視と経済という幅広い政策の中での立ち位置に焦点を当てた。PCゲーマーの読者は、彼がValve社で過ごした時間についての説明に特に注目してほしい。Varoufakisは2010年代初頭、初期のSteamプレイヤー市場に関するValve社のデータにアクセスし、会社や自分の経済研究に活用した。

Varoufakisは、Valve社の元々のアイデアについて次のように説明している。「10年前、メタバースはすでにゲームコミュニティで機能していた。Valveのゲームは、Valveが興奮して恐怖を感じるほどの大きな経済をすでに生み出している。それまで(ゲームドロップで)無料で配布されていたデジタルアセットの中には、誰もがNFTを思いつかないうちに、eBayで数万ドルで取引され始めたものもあった。」

Valveの前任者たちはデジタル経済で未知の領域に踏み込んでいることを理解し、制御不能になる前にコントロールしたいと考えている。また、PC GamerのNatalie Clayton氏と同様に、Varoufakis氏もこうした新興デジタル市場と現在のNFTの混乱との間に関連性を見出している。

インタビューの中で彼はこう語っている「10年前、私がValveで研究していたようなゲームコミュニティは、今では完全なメタバースとして機能している。ゲーマーはゲームに魅了されるが、いったん "入る "と友達ができる。ザッカーバーグの野望は、プレイヤーではない何十億人ものFacebookユーザーを、Steamのようなデジタルソーシャルエコノミーに引き込むことだ。ザッカーバーグがテクノロジーになることを夢見ているデジタル領域との類似性に抗うことはできないだろう。」

つまるところ、VaroufakisがValveに在籍していた頃の議論、特にゲームに対するコメントは非常に読み応えがある、ということだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja