Times Capitalは「AOTAVERSE」NFTとサンドボックスでランドを共有し、今後のGamefi開発に活用

Times Capitalは、NFTの次期プロジェクトである「AOTAVERSE」との戦略的パートナーシップを発表した。Times Capitalは、「AOTAVERSE」のサンドボックスランドを共有することで、コミュニティを形成し、Gamefiの今後の発展を支援する。「AOTAVERSE」は、アジアの3DモデリングスタジオであるOrienta Labが始めたプロジェクト。Lランドは、ゲームデザイナーがユニークなデジタルオブジェクトを作成し、配置することができるSandbox内のデジタル不動産だ。

NFTプロジェクトの隆盛や著名人の参入により、昨年からメタバースの宣伝効果が高まっている。また多くの人は、モンキーアートやピクセルアートの人気が高い。しかし、3D NFTプロジェクトは、メタバースの次のトレンドになるかもしれない。そのひとつが、この分野の著名人とのコラボレーションを発表した「AOTAVERSE」だ。

Times Capitalは、ゲームスタジオやクリエイターと提携し、没入型の香港知的財産博物館を構築した。さらに、150本以上のクラシック映画という知的財産ポートフォリオをベースにしたメトロポリスゲーム体験を取り入れた。Times Capitalには、サンドボックスで最も充実したNFTギャラリーの一つがある。

このコラボレーションを通じて、「AOTAVERSE」はユーザーにメタバースの可能性を示めそうとしている。まもなく、ユーザーはゲーム内やサンドボックスなどのメタバースでAOTAのアーマーを操作できるようになる。「AOTAVERSE」は、発売前にもかかわらず、すでにその有用性が証明されている数少ないNFTプロジェクトの一つだ。

「AOTAVERSE」のロードマップによると、独自の$AOTAユーティリティートークン、マーケットプレイス、NFTステークスが、2022年第4四半期にリリースされる予定である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja