「Lil Yachty」が、NFT販売者が自分の似顔絵を悪意を持って使用し、数百万ドルを集めたとして提訴

nft

GiuntaInvisionのLilYachtyは、彼の名前を勝手に売るのは詐欺であると主張して、Opulousに対して商標権侵害の訴訟を起こした。Opulous社は、ベンチャーキャピタルファンドに500万ドル(約5億7,000万円)を投資している会社だ。

Miles Parks McCollum氏は、2021年5月にシンガポールを拠点とする同社と、Opulousを含め2回だけ電話会議を行った。彼は合意や取引はなく、調達した資金を一銭も見ていないという。

Opulous Parsonsは、ライセンスを受けたアーティストとの合弁事業を設立して、大量のベンチャーキャピタル資金を調達する任務を負っていた。だが、誰も原告に何も支払わなかった。Opulous社は、譲渡の手段としてNFTを使用して、ミュージシャンの著作権を一般に販売することを目的としている。

彼らがミュージシャンの著作権で保護された作品の所有権を提供するというものだ。ParsonsはRolling Stone社にすぐには回答しなかった。

Rolling Stone社は、雑誌「ローリングストーン」の表紙を飾った作品で受賞実績はあるが、しかし、裁判官は、被告の不正競争と虚偽広告の行為は、重大かつ回復不可能な傷害と苦痛をもたらしとして、現在も調停中だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja