More Than Money:GameFiのRichard Leach氏がブロックチェーンゲームで稼ぐことを語る

ゲームフィ'ス

ゲームは、ブロックチェーンの分野で注目されている唯一の領域であり、ゲームと金融を統合するPlay-to-earnモデルは、業界を永遠に変えようとしている。More Than Moneyの最新エピソードでは、PatrickThompsonがGameFiAGのCMOであるRichardLeachと出会い、BSVでNFTベースのゲームエコシステムを構築している。また、GameFi社は、金融ゲーミフィケーションの分野で急成長している企業だ。同社は、自分が好きなことをしてお金を稼ぐ機会を作りたいと考え、メンバーが様々なゲームをプレイし、NFTを所有できるエコシステムを構築している。

ゲームは伝統的に娯楽の分野であり、多くの人が純粋な娯楽だとみなしている。しかしブロックチェーン技術の登場で状況が変わり、お金を稼ぐゲームが急速に人気を集めているのだ。最低でも、ユーザーはゲームをプレイしながら数ドルを稼ぐ必要がある。リーチ氏はゲームは儲かる職業になる可能性があると語った。

GameFiでは、NFTが会社のすべての活動の中心となっている。BSVブロックチェーン上で独占的に利用できる最初のプロジェクトは、Galactic Miceだ。この未来志向のNFTSスイートは、オーナーが同社のPlay-to-Earnエコシステムのあらゆる側面に参加できるようにするもので、最初のゲームは「Cyber Fights」だ。大成功を収めた「CryptoFights」に触発されたリーチ氏は、あらゆるブロックチェーンゲームの成功は、スケーラブルなBitcoin SVでしかできないことをすべてオンチェーンで保存することにあると考えた。

またリーチ氏は、Play-to-earnゲーミングこそが未来だと考えている。GameFiの客は、遊びながらお金を稼ぎ、成長する機会を得ることができる。そしてリーチ氏は、同社が業界のためにもっと貢献し、それが新しいユーザーをもたらすと考えている。彼はさらに、NFTは、私たちが気付かないうちに日常的に使用するありふれたイベントになるだろうと付け加えた。ユースケースははるかに平凡なものになるが、使い勝手は向上するだろうと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja