暗号通貨の大物たちは、テクノロジー企業によるメタバースでの「gamefi」サービスに自分のデジタル資産を託している

ブロックチェーン大手のAnimoca Brandsは、スタートアップのHex Trustとの新しい合弁事業が、メタバースの大きなマイルストーンになると確信している。これは数百万ドルの仮想資産の帝国を築くという大きな計画を持つ新しい軍団の裕福なプレイヤーにサービスを提供することを目的としている。そしてSandbox社の生みの親は、このデジタルウォレットによって、コミュニティのユーザー数が10億人に達することを期待する。これは、現在の約50万人から大幅に増えることになる。

今月、推定50億ドル(約5,800億円)の資金調達を行ったユニコーンは、香港に拠点を置くHex Trustと協力して富裕層向けの仮想資産ウォレットとストレージサービスを開発しようとしている。新たな暗号資産保有者は、NFTで発行される仮想パビリオンやVIPコンサートチケットなどのゲーム内資産の供給が増えていることを利用するが、メタバースでは今後さらに多くの財産が危険にさらされる可能性があることを示している。

香港でライセンス供与されているHexTrustは、サンドボックスユーザーがさまざまなブロックチェーンでNFTを転送するためのデジタルウォレットを開発した。また、企業はデジタル資産の承継計画を支援し、元々のNFTの所有者が死亡したり、資産にアクセスできなくなった場合に、近親者に資産を移す手助けをすることもできる。

保有者は、自分のデジタルウォレットを使って、メタバース上に構築されたNFTの支払いを行ったり、NFTを他の暗号通貨と交換したり、NFTを貸し借りしたりすることができる。またブロックチェーンは、デジタル資産やデータを個人が所有することを可能にし、世界有数の技術グループが管理していた権利を開放している。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja