分析:中国的な特徴を持つメタバースは、クリーンで準拠したメタバースである

中国のメタバースはどのように進化していくのだろうか?私達が知っているのは、クリーンで検閲が厳しく、暗号化されていないメタバースということだけだ。中国当局はすでに、彼らのメタバースが厳しく規制されていることを指摘している。一部の中国のメタバース支持者は、規制が成長を妨げることを恐れている。

マイクロソフトからフェイスブックに至るまで、ビッグネームは次世代のインターネット、つまり実生活の側面を再現した没入型バーチャル体験を構築するために躍動している。しかし米国や韓国に比べて、中国ではメタバース開発への取り組みが遅れており、国内大手があまり投資していないのが実情だ。

まず、業界をリードしている製品が中国では禁止されている。例えば、Meta社のOculus VRヘッドセットは中国では販売されておらず、国産ヘッドセットの開発も遅れている。つまり、中国ではまだ、まともな人気を得るメタバースのプラットフォームが登場していないのだ。

しかし、Alibaba Group HoldingやTencent Holdings Ltd.などの大手企業が10,000件以上のメタバース関連の商標を出願したことで、最近になって関心が高まっている。また、新興企業への投資も増えている。専門家は、このメタバースの発展の初期段階では、メタバースの開発を採用するための十分な余地があると考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja